国連社トップページ > 社名の由来

社名の由来 / The origin of corporate name


国連社の成り立ち

ニューヨークを本部に国際連合が設立されたのは第 2次大戦後の 1945年のことでした。戦前、国際連盟を脱退した日本は戦後新たに国際社会への復帰を強く願い、国際連合への加盟をめざしていました。
その一環として、1947年国際連合に対する理解と協力を国内外で得るとともに積極的なロビー活動を行なう目的で、外務省の外郭団体「日本国際連合協会」が発足します。
しかし協会に財政的な裏付けはなく、活動も制約されがちでした。そこでおもに政府系の広告を取り扱う広告会社を設立し、「日本国際連合協会」を財政面から支援することが関係者の間で企図されました。これが「国連社」設立の経緯です。
発起人には中嶋久萬吉(発起人代表/日本工業倶楽部専務理事/元商工大臣/文化放送会長)、佐藤尚武(参議院議長/元外務大臣/日本国際連合協会会長)、伊藤正徳(初代社長/元共同通信社理事長/日本新聞協会理事長)などが名を連ね、時の首相吉田茂の賛意も得て新しい広告会社の設立を協議。全国の主要新聞社 10社(朝日・毎日・読売・日本経済・大阪・東京・中部日本・西日本・北海道・時事新報)が主な株主となり、 1949年12月21日「株式会社 国連社」が誕生しました。
設立の本旨をまっとうした後も「国連社」は一民間企業として活動を続け、設立後60年を経た今、クライアントとそのお客様との間を橋渡しするべく、TV、ラジオ、新聞、雑誌等の四大媒体に留まらず、セールスプロモーション、Web、マルチメディア、デジタルサイネージ等新たな活動領域に、より強く取り組んでいます。


事業内容 / area of business


ページトップへ


国連社トップ
企業理念
社名の由来
事業内容
会社案内
インフォメーション
採用情報


Copyright (C) 2010 KOKURENSHA Inc. All rights reserved.